calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments
  • 歴史小説アンソロ『日本史C』『世界史C』頒布終了のお知らせ
    唐橋史 (05/10)
  • 歴史小説アンソロ『日本史C』『世界史C』頒布終了のお知らせ
    春秋梅菊 (05/09)
  • 第1回文学フリマ金沢、無事に終了いたしました!
    春秋梅菊 (04/28)
  • 歴史小説アンソロジー第2弾の原稿を募集します(参加表明は12月初旬まで)
    唐橋史 (11/25)

recommend

~すごくあたらしい歴史教科書~日本史C
~すごくあたらしい歴史教科書~日本史C (JUGEMレビュー »)
唐橋 史,紅 侘助,白藤 宵霞,ななつ ほしなみ,たまき こう,斎藤 流軌,翁納 葵,緑川 出口,すと 世界,向日葵塚 ひなた,上住 断靱,狩生 みくず,巫 夏希,庭鳥,鋼雅 暁,なぎさ,アルト,保田 嵩史

links

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

文フリ金沢のあとは、おかわり!

文フリ金沢、楽しかったんですよマジで。(唐突)

どれくらい楽しかったかというと、
2泊の旅で体重が2キロ増したくらい楽しかったんですね。
っていうか、美味しかったんですね。

まあ、寿司、海鮮丼、寿司、寿司、海鮮丼、笹寿司、みたいな食生活だったんでね!
そりゃ太りますわね!ほとんど炭水化物やね!

さて、文フリ金沢では搬入した作品のほとんどが完売ということで、
無事に終了したわけですが、
それだけじゃ充分金沢の街を満喫したとはいえない!
というわけで、後泊で楽しんだ金沢観光レポです。




さて、前回の記事でも書いた通り、
金沢の町屋を貸し切りにしてお泊まりするというプレミアムな遠征だったのですが、
広さをもてあまし、なおかつ、イベント疲れで爆睡という、
超もったいないお宿滞在だったので、チェックインぎりぎりまで居座りました。
とはいえ、いつまでも自宅のようにゴロゴロしていられないので出発です。
嗚呼……ここに住みたい……せめてあと一週間は泊まりたかった……



まず向かったのは金沢の台所、近江町市場。(写真が良い具合にピンボケしているw)



市場で寿司!!
ガスエビうまっ!!ガスエビうまっ!!



金沢城。
天気といい広さといい、ハイドパークみたいな感じだ。
唐橋が手に持っているのはテイクアウトのコーヒーです。
実は金沢はコーヒー消費量全国一なんだそうで、
確かにちょっとしたカフェのコーヒーのレベルも高いです。



ここに来なくちゃ意味が無い!兼六園!
どこをとってもフォトジェニックだわ〜



お茶室の時雨亭にお邪魔して、
お庭を拝見しながらお煎茶と干菓子を頂きました。

この時雨亭は代々の加賀藩主の休憩所として利用されていたのですが、
飢饉や災害の際には緊急の炊き出し所に変身することもあったそうで、
歴代藩主は休憩のたびに領民たちの生活に思いを馳せていたのだそうな。

この日はあいにくの天気だったのですが、
お茶の香りの中で雨の音を聞くのはとても心豊かになる体験でした。
雨の兼六園……これもまた素晴らしい。

雨っていうか……ほぼ嵐だったんですが……
(注:唐橋はエジプト旅行でも大雨に遭ったくらいの超雨女です)



再び21世紀美術館。
この日は休館日だったので、外だけでちょこっと遊ぶ。



展示作品のひとつ、「カラー・アクティヴィティ・ハウス」で遊ぶ。

ひとりで来たときは「ふーん」くらいだったけど、
ふたりで来たらめっちゃ楽しくてめっちゃはしゃいだ。



ちなみにこのサイケデリックっていうか、
とち狂ったみたいな柄の傘なんですけどね。
金沢では「弁当を忘れても傘を忘れるな」という言葉があるそうで、
天気が急に荒れることが多いというのを旅の直前に耳にしまして、
東京駅で慌てて買った傘なんですよ。

なんでこの柄を選んだ唐橋。

ほかにもっと穏やかなヤツあったろ……!!

いや、あのこのカラー・アクティヴィティ・ハウスの中では完全に溶け込んでますけどね、
兼六園じゃもう散りかけの桜も雨に濡れる苔も若々しい燕子花も、
この傘の柄で台無しですよ。

なんでこう派手なんだ!
交通事故には遭わないわ!!!



風情溢れるひがし茶屋街。
加賀藩の政策によって文政年間に整備された繁華街です。
茶屋っていうのはお茶売ってるとこじゃなくて、
芸者さん呼んで宴会するいわゆる揚屋さんのことです。



はい、歩く景観破壊。

もうね、東京駅の売店でこの柄の傘を選んだ自分をひっぱたきたいわ…!!



それにしてもどこを切り取っても絵になる街、金沢!
おそるべし、フォトジェニック!

フォトジェニック!(おぼえたての単語なので繰り返し使います)

フォトジェニック!

近いうちにまた遊びに来たいです。
今度はもっと優しい色使いの傘を持ってきます。













 
| 日常のあれこれ | 21:41 | comments(0) | 唐橋 史 |

歴史小説アンソロジー第2弾の原稿を募集します(参加表明は12月初旬まで)

第20回文学フリマに併せて、再び歴史小説アンソロジーを製作することにいたしました。

名付けて、

――教科書で妄想したっていいじゃない。

『もっとあたらしい歴史教科書:世界史C』

です!

日本史があるなら、世界史もやるよ!


つきましては、このアンソロジーに参加してくださる執筆者様を募集いたします。
下記の概要および応募要項をご覧の上、ぜひご参加ください。

【『もっとあたらしい歴史教科書:世界史C』概要】

 ・世界史を題材にした歴史小説のアンソロジー
 ・第20回文学フリマにて頒布予定
 ・全年齢向け
 ・製作部数 100部
 ・サイズ B6版
 ・頁数 未定
 ・定価 未定
 ・執筆者数 10名〜20名様程度


【応募要項】

参加資格 特になし
  ★文学フリマ未経験・当日不参加でも構いません
  ★むしろ文学フリマ未経験者優遇いたします!
  ★遠方のため参加できないけど、文学フリマが気になる!という方、お待ちしています。
  ★おこづかいが足りなくて同人誌が作れないけど、文学フリマが気になる!という方もどうぞ。
  ★ぜひこちらのアンソロジーでエア参加してください。
  ★もちろん古参もお待ちしています。
  ★主催と面識のない方もぜひ恥ずかしがらずにご参加下さい!

原稿内容 世界史を題材にしたものなら何でも可
  ★あなたが「歴史小説」だと思うものならそれは「歴史小説」です!
  ★紀元前〜第二次大戦後まで舞台はいつでも構いません。
  ★ツタンカーメンが女の子でも構いません。
  ★マリー=アントワネットがタイムトラベラーでも構いません。
  ★有名人が一切登場しなくても構いません。
  ★勿論、綿密な時代考証をした骨太大河ドラマも大歓迎!

・こんなアナタは優遇しちゃいます
  ★同人誌即売会(特に文学フリマ)未経験者
  ★西洋史・中国史以外(テーマの重複を避けるため)

字数規定 上限12000字(原稿用紙30枚)

応募形式 一太郎推奨 他 word形式あるいはtext形式
      ★縦書
  ★用紙横置き
  ★ルビについてはこちらで振りますので、単語の後ろに()で示して下さい。
  ★例:「メロスは激怒(げきど)した。」
  ★人名・地名などの固有名詞にはできるだけルビをつけて下さい。
  ★難読漢字の場合は編集者の独断によってルビを振ることがあります。

応募宛先 fuhito_fumikura☆yahoo.co.jp(☆を@にしてください)
  ★「史文庫〜ふひとふみくら〜 唐橋史」宛
  ★メールに添付ファイル形式でお送り下さい。
  ★件名は「歴史アンソロジー原稿応募」でお願いします。

・締切 平成27年3月1日
  ★こちらは原稿の最終締切です。
  ★校正に時間がかかりますのでお早めにお願い致します。
  ★4月初旬までに校正原稿を一度お戻しする予定です。

参加方法 以下のフォームの通り記載の上、メール(上記宛先)にて参加表明をしてください。
  ☆氏名(ペンネーム)
  ☆サークル名(なければ空欄)
  ☆どの時代を舞台にするか(第3候補まで)
  ☆自己紹介(200字程度。作品末に掲載します。サークルの宣伝・後書きなどにお使い下さい)
  ☆連絡先(メールアドレス・サイトURL・Twitterアカウントなど、自己紹介欄に掲載したいもの)


参加表明締切 平成26年12月31日 → 平成26年12月7日【変更しました】


【ご遠慮下さい】
 ・性的に過激な表現
   ★このアンソロジーは全年齢向けです。R18な表現はご遠慮下さい。
 ・特定の人物やその子孫を不当に誹謗中傷する表現
   ★悪役設定は構いませんが、不当に貶める表現はご遠慮下さい。
   ★例:「○○氏はクソなので、その子孫もみんなクソ」
 ・特定の政治・宗教に対して参加・入信を促すような表現
   ★ご自身の思想信条を小説に託して頂く分には構いません。
   ★但し、直接的な宣伝とみなされる場合、主催の権限で掲載不可とします。
   ★例:「このように戦後は○○党が活躍したので、次の選挙で投票してください」
 ・現代が舞台
   ★当企画の趣旨に反しますのでまた別の機会にお願いします。
・日本史が題材
   ★今回は世界史Cです。

【ご相談ください】
 ・差別的表現
   ★できるだけ回避してください。
   ★当時の社会を反映して必要な場合は、注記をトビラに入れますので必ずご相談ください
 ・時代考証
   ★史実にどの程度忠実にするかは作者様にお任せしますが、何か不安や疑問があればご相談ください。
 ・時代設定
   ★参加表明の段階で題材・テーマをお教え下さい(他作品との重複を避けるため)
   ★内容によっては別の時代をお願いすることもありますのでご了承下さい。
 ・イラスト
   ★編集スキルの問題でJPEG貼り付けしかできませんので、それでも構わないという寛大な方のみ可。

【ご理解ください】
   ★参加表明は早い者勝ちです。
   ★但し、同人誌即売会未経験の方や、西洋史・中国史以外の方は優遇いたします。
   ★応募者多数の場合、別のアンソロ作品へのご参加をお願いすることがあります。

【著作権について】
 ・著作権はすべて作品の作者さまにあります。
   ★ネット公開・同人誌再録などご自身の作品は自由に発表下さって結構です。
   ★ただし、当アンソロジー初頒布(平成27年5月4日)以降にお願いします。
   ★試し読みに関してはこの限りではありません。

【謝礼】
 ・献本 一冊(ごめんなさい)

 

ぜひ、多くの皆様にご参加いただきたいと考えております。
参加表明は年内までの受付になりますが、応募数次第では、中止・延長もございますのでご注意ください。
色々行き届かないところもあるかとは思いますが、何とぞよろしくお願いいたします。
 
| 日常のあれこれ | 23:04 | comments(1) | 唐橋 史 |

新企画「卒塔婆Carnival」に参加しました!

突然ですが皆さん、怖い話ってお好きですか?
小説、映画、あらゆる娯楽にホラーは付き物ですが、
日常的に口から口へ伝えられるのもまた怪談の醍醐味だったりしますよね。

口にすること、それ自体が、呪いであったり祟りを招く。
そんなこともまことしやかに伝えられるのが怪談というもの。

そう、月のない夜に、100話の怪談をしたならば、
100話目を語り終えた瞬間に本当の怪異が怒るという「百物語」は、
17世紀頃にはすでに日本でブームを迎えていた参加型怪談。

なんと、それをweb上で展開するという恐ろしい企画に今回、
唐橋が参加することになりました!!

主催:兎角毒苺團
協賛:Text-Revolution

その名も、卒塔婆Carnival!!!

様々なアマチュア作家たちによって、
毎晩深夜0時に1話ずつ、
怪談・奇談が更新されていきます。
そして99話が語り終えられたその日、何が起こるかというと……

第二回大阪文学フリマで100話の怪談が1冊の本になるのです!!!

今回、唐橋も怖い話を何本か寄稿させていただきました。
いつ更新されるかは唐橋もわからないので、毎晩深夜0時に欠かさずチェックだ!
そして完成した本をぜひ大阪でGetしよう!!

お問い合わせは「卒塔婆Carnival」公式サイト左上の「三」ボタンから。
| 日常のあれこれ | 22:27 | comments(0) | 唐橋 史 |

歴史小説アンソロジー、参加者発表!

第18回文学フリマ(5/5@東京流通センター)に合わせて製作予定の
歴史小説アンソロジー『あたらしい歴史教科書:日本史C』(仮)の、
執筆者陣がいよいよ正式決定いたしました!!

文学フリマでおなじみのあの人も、小説家になろうでおなじみのあの人も、
歴史小説でおなじみのあの人もそうでない人も、
多くの魅力的な参加者が集まってしまいましたよ〜!!

というわけで、早速、こちらにご紹介いたします!

(執筆担当の時代順)

〜上代編〜
記紀神話:白藤宵霞さま
弥生時代:紅侘助さま
飛鳥時代:ほしなみさま
奈良時代:唐橋史(主催)

〜中古編〜
平安時代初期:たまきこうさま
平安時代初期:斎藤流軌さま
平安時代末期:翁納葵さま
平安時代末期:緑川出口さま

〜中世編〜
鎌倉時代:すと世界さま
南北朝時代:Parsleyさま
室町時代:向日葵塚ひなたさま
戦国時代:上住断靱さま

〜近世編〜
江戸時代初期:狩生みくずさま
江戸時代前期:庭鳥さま
江戸時代中期:巫夏希さま
幕末:鋼雅暁さま

〜近代編〜
幕末〜明治:Nagisaさま
大正:アルトさま
昭和:保田嵩史さま


以上、総勢19名の執筆者陣でお送り致します!
参加者の皆様はもちろん、読者の皆様もぜひ楽しみにお待ち下さいませ!
詳細な題材の発表はもうしばらくお待ち下さい。
| 日常のあれこれ | 00:14 | comments(0) | 唐橋 史 |

歴史小説アンソロジー参加表明、受付終了いたしました。

第18回文学フリマに併せて募集を開始した歴史小説アンソロジー
『すごくあたらしい歴史教科書:日本史C』ですが、
参加表明の受付は昨年12月一杯をもちまして終了させていただきました。

たくさんのご応募、ありがとうございました!!

最終的に確定しました参加状況は以下の通りです。


【参加表明状況】
・記紀神話 1名
・弥生後期 1名
・飛鳥時代 1名
・奈良時代 1名(唐橋)
・平安初期 2名
・平安末期 2名
・鎌倉時代 1名
・南北朝時代 1名
・室町時代 1名
・戦国時代 1名
・江戸前期 2名
・江戸中期 2名
・幕末 2名
・大正 1名
・昭和 1名

以上、総勢20名の執筆者にご参加いただきます。
(執筆者様一覧はまた追って発表させていただきます)
原稿の〆切は3月初旬です。
よろしくお願いいたします。

 
| 日常のあれこれ | 02:37 | comments(0) | 唐橋 史 |