calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments
  • 歴史小説アンソロ『日本史C』『世界史C』頒布終了のお知らせ
    唐橋史 (05/10)
  • 歴史小説アンソロ『日本史C』『世界史C』頒布終了のお知らせ
    春秋梅菊 (05/09)
  • 第1回文学フリマ金沢、無事に終了いたしました!
    春秋梅菊 (04/28)
  • 歴史小説アンソロジー第2弾の原稿を募集します(参加表明は12月初旬まで)
    唐橋史 (11/25)

recommend

~すごくあたらしい歴史教科書~日本史C
~すごくあたらしい歴史教科書~日本史C (JUGEMレビュー »)
唐橋 史,紅 侘助,白藤 宵霞,ななつ ほしなみ,たまき こう,斎藤 流軌,翁納 葵,緑川 出口,すと 世界,向日葵塚 ひなた,上住 断靱,狩生 みくず,巫 夏希,庭鳥,鋼雅 暁,なぎさ,アルト,保田 嵩史

links

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

第2回文学フリマ札幌、お疲れ様でした!

第2回文学フリマ札幌は無事に終了いたしました!

遊びに来てくださった皆様ありがとうございました!

 

 

●ありがとう、さっぽろテレビ塔

 

当日のスペースはこんな感じでした。

 

 

札幌文フリは左上の共有椅子があるというのがポイントです。

すべてのスペースに椅子を2個ずつ置くことができないので、

1脚はお隣さんとシェアしないといけません。

今回はお隣はもはや顔なじみとなった高森純一郎さんでしたので、

仲良く(?)シェアすることができましたが、

結局のところ荷物の多い唐橋が一方的に占領していたかもしれませんw(実効支配)

 

場所は札幌のど真ん中、さっぽろテレビ塔ということもあり、

一日中人の流れが絶えることなく、

また新しいお客さんがどんどんやってくるというのがとても新鮮でした。

「大通公園まで散歩しにきたら、何かイベントやってたから入ってみた」という

地元の方がたくさんいらして、作品をお求めいただいたのが何より印象的でした。

 

正直なところ、東京文フリの会場である流通センターは、

何かのついでに立ち寄るというのが難しく、

ハナから文フリ目的じゃないと、

なかなか足を伸ばすことのない場所にあります。

なので、こうして、地元の方にふらっと立ち寄ってもらえるというのは、

新しい出会いを感じられて本当にうれしいものですね。

 

また参加者・来場者ともに年齢層も幅広かったのが印象に残りました。

 

金沢遠征のときも感じましたが、地元に密着した会場というのはいいものです。

少々手狭であるのと、空調がイマイチという以外、本当に素晴らしいので、

次回以降もぜひテレビ塔で開催してほしいなあ。

 

空調は…ちょうど史上空前の熱波が札幌に到来していた時期でしたので、

致し方ないかな……暑かったね……。

 

あとちょうど大通公園ではビアガーデンが開催されていまして。

売り子さんを確保することができていたら、

イベントの最中からもう一杯やっちゃってたところでした。

残念。

 

 

●前々泊で札幌&小樽観光

 

今回はかなり休みを取ることができたので、

思い切って前々泊で札幌&小樽を観光をしました。

 

北海道は実は3回目なのですが、

最初の2回は1歳半と3歳のときのことなので、事実上初めて。

地元の友人に案内してもらって、ゆっくり楽しんでくることができました。

 

▲旧北海道庁

 

▲札幌時計台

地元の友人に「小さくてガッカリする」「わざわざ見に行かなくてもいい」

「絶対ガッカリする」「日本3大ガッカリ筆頭」と散々聞かされていたのですが、

夜のライトアップはなかなか格好良く、

むしろ全然ガッカリしないことにガッカリしました。

明治建築って好きだなあ。

 

 

夜だったので中には入れなかったけどね。

 

▲青山別邸(にしん御殿)

ニシン漁の網元である青山家が小樽に造営した別邸で、

いわゆる「にしん御殿」と呼ばれる大正時代の大豪邸。

床が春慶塗、襖の取っ手が七宝焼きなどなど、豪華さがクレイジーなレベルでした。

現在の価値でいうと造営費は30億円くらいだそうで。

マンションどころか東京タワーが建つのでは…?

 

 

▲小樽の小樽っぽい写真

小樽と言えば運河。なので小樽の小樽みを感じる写真を一枚。

この日は空前の熱波が北海道を襲っていたので、

写真を撮ってすぐに屋内に避難するしかありませんでした。

ゆっくり散策とか、無理。

 

●札幌グルメ旅

 

とにかく史上空前の暑さだったんですよ…。

いや東京都民からしますと、

乾燥しているぶん、体感気温はそれほどでもなかったんですが、

さすが北海道、冷房があんまりきいてない……。

ギンギンに冷えた東京の地下鉄に慣れている身にはかなりキツかったです…。

 

もう屋外をうろうろするのは無理なので、

今回の旅の目的はグルメに変更して、胃袋で楽しむことにしました。

以下、グルメまとめです。

 

▲エゾシカのソテー

 

▲たらば&えびかつサンド

名店「さえら」のサンドウィッチ。

結構並びましたが並んだ甲斐がありました。

具が美味しいのはもちろん、パンがめっっっちゃ旨い。

 

▲六花亭のホットケーキ

御存知六花亭。くっっっっそ旨い。

お皿もお馴染みの包装紙とおそろいで可愛い。

 

▲かに&えび&サッポロクラシック

東京では飲めないサッポロクラシック。

寒い地域では珍しいアッサリスッキリ系。

 

▲イクラ

躍動感があります(手ブレ)。

 

▲玉子焼き?

玉子焼きです…!

怒濤のイクラとカニのオマケがついてくる仕様。

 

▲かに味噌ラーメン

さっぽろテレビ塔の地下で食べました。

文フリでスペースに遊びにきてくださった方、

店主が途中留守にしていたのはこれを食べに行っていたからです。

 

▲スープカレー

 

ただただひたすら食べまくった旅でした。

でもこれもまた遠征の醍醐味だよね。

 

また近いうちにぜひとも北海道には遊びに行きたいです。

次はもうちょっと涼しいときに……

 

 

 

| イベント活動情報 | 20:00 | comments(0) | 唐橋 史 |

第2回文学フリマ札幌に参加します!

史文庫〜ふひとふみくら〜が札幌に初見参だよ〜!

 

第2回文学フリマ札幌に参加が決定いたしました。

新刊『そらごと申す大納言』はじめ既刊を持って参上いたします。

北海道の皆様、何卒よろしくお願いいたします!

 

開催日 2017年7月9日(日)
開催時間 11:00〜16:00
会場 さっぽろテレビ塔2F
入場料 無料

 

史文庫〜ふひとふみくら〜の配置はコチラ!!

え-24

 

 

 

はじっこですね〜覚えやすいですね〜!

 

 

頒布作品はwebカタログからご確認ください!

 

なお、以下のリンクからお試し読みもできますよ〜。

 

pixiv

エブリスタ

HappyReading

 

 

【※大事なお知らせ】

 

第2回文学フリマ札幌で頒布を予定していました、

19世紀歴史小説アンソロジー『bitter 19 blues』は

作業の遅れのため、

第25回文学フリマ東京(11/23)での頒布に変更いたします。

楽しみにしてくださった皆様、誠に申し訳ありません。

頒布開始までもう少々お待ち下さい。

 

 

 

 

| イベント活動情報 | 17:46 | comments(0) | 唐橋 史 |

第24回文学フリマ、ありがとうございました。

第24回文学フリマは無事に終了いたしました。

史文庫〜ふひとふみくら〜へ足をお運びくださった皆様、

誠にありがとうございました。

 

お陰様で新刊『そらごと申す大納言』も

多くの方の手に取っていただくことができました。

 

当日はあまり体調がすぐれなかったこともあり、

会場はほとんど見て回ることができずやや無念でした。

ごあいさつできなかった皆様、申し訳ありませんでした。

 

エブリスタの立ち読みカタログに登録するのを忘れたり、

事前準備もいまひとつ……いろいろ無念が残りましたね。

やっぱり事前にしっかり体調を整えて、

万全の体制で臨まないといけないなと思いました。

 

同人活動を始めてはや7年…

気付けばあまり無理のできない年齢になっていました…

| イベント活動情報 | 13:13 | comments(0) | 唐橋 史 |

歴史小説アンソロジー第3弾、執筆者発表!

すっかり春めいてきた今日この頃、皆様いかがおすごしでしょうyか?

史文庫〜ふひとふみくら〜ではGWに向けて歴史小説アンソロ第3弾の準備が始まりました!

 

今度の歴史小説アンソロは、日本史・世界史総合19世紀オンリーです!!

 

激動の世紀はまさに人類のターニングポイント。

現代につながる問題もすべてがここに始まっている…かも!?

さらに今回は日本史・世界史を総合的に収録しましたので、

世界の歴史が横断的にわかるようになる予定です(鋭意編集中)

 

タイトルは……

 

ドロドロドロドロドロドロ…(ドラムロール)

 

ババーン!

 

 

『bitter 19 blues』

 

です!

 

アラサーしか元ネタがわからないだろというツッコミはナシだ!!

今回の企画はタイトルのほうが先に思いついたんだから許して…!!

 

さて、以下が今回ご参加いただく執筆者陣です!!

同人活動・アンソロ初参加の方から、文学フリマではお馴染みのあの方まで。

素敵な作品をご寄稿いただきましたよ…!

 

(敬称略 ※掲載順・タイトル・内容に今後変更の可能性があります)

 

名前

サークル名 タイトル 舞台 時代
並木陽 銅のケトル社 「アウグステの結婚」 1800〜1805年
ウサギノヴィッチ 崩れる本棚 「1837年 初恋の次の恋」 1837年
かざえ 「過ぎ去りし日のティータイム」 1837年〜
津上夏哉 黒曜舎 「死神の灯」 1843年
( ) モノクロフクロウ 「そうしてカンバスは花やぐ」 1850年代
綿鍋和智子 倶楽部玩具箱 「岸辺の子」 デンマーク 1863年〜1866年
唐橋史 史文庫 「(タイトル未定)」 1864年
栗山真太朗 少年憧憬社 「フォー・ザー・ピーポー?」 1865年
嘉村詩穂 紫水宮 「阿修羅」 1868年
かとりせんこ。 「イマハ・イマカン」 露・中 1878年〜1897年
春秋梅菊 龍の髭 「時の流れ、新しい思想」 1895年
白川タクト まぶいぐみ 「クウェート動乱」 クウェート 1896年

 

いやその…編集長の作品がタイトル未定なのは…そのね…編集業も大変なんですよその(しどろもどろ

編集長の作品が一番進捗ヤバいし全体のスケジュール押してるとかもうねそういうそのねそういうこともあるよ…

 

少なくとも、次回の文学フリマで出ます!!!

 

各作品のあらすじや価格などの詳細情報は続報を待て!

乞うご期待!

 

 

 

 

 

 

 

| イベント活動情報 | 13:36 | comments(0) | 唐橋 史 |

静岡文学マルシェ欠席します

2/12に参加を予定していた静岡文学マルシェですが、

誠に勝手ながら史文庫〜ふひとふみくら〜は欠席させていただきます。

 

理由は

 

インフルエンザ

 

です。

 

 

新刊も用意したし、ポスカも準備したし、

静岡でおいしいおでんを食べることを本当〜〜〜〜に

楽しみにしていたんですけど、もうこれはどうしょうもないです。

ごめんなさい…。

 

日曜に微熱がありまして、「あれ?風邪かな?」とは思ったものの、

翌日にはすっかり熱が下がったので「ラクショー☆」といろいろ準備していたわけです。

 

ところがみるみるうちに熱が上がっていき、

 

火曜日の朝には最長不倒39.8℃に到達。

 

もう、ね、大人になってからこの高熱はね、

死が脳裏をよぎりますよ。

 

秋には最旬トレンドのマイコプラズマにも罹患しましたし、

この一年はもう流行に思いっきりライドしてしまって大変です…。

 

皆様も体調には気をつけてお過ごしください。

そして、静岡文学マルシェ参加の皆様も、

くれぐれもインフルエンザには気をつけて、

楽しいイベントにしてくださいね!

 

なお、今回準備した新刊は、

春の文学フリマで頒布する予定です。

GWに元気でお目に掛かりましょう!

 

 

| イベント活動情報 | 14:00 | comments(0) | 唐橋 史 |