calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments
  • 第1回文学フリマ金沢、無事に終了いたしました!
    春秋梅菊 (04/28)
  • 歴史小説アンソロジー第2弾の原稿を募集します(参加表明は12月初旬まで)
    唐橋史 (11/25)

recommend

~すごくあたらしい歴史教科書~日本史C
~すごくあたらしい歴史教科書~日本史C (JUGEMレビュー »)
唐橋 史,紅 侘助,白藤 宵霞,ななつ ほしなみ,たまき こう,斎藤 流軌,翁納 葵,緑川 出口,すと 世界,向日葵塚 ひなた,上住 断靱,狩生 みくず,巫 夏希,庭鳥,鋼雅 暁,なぎさ,アルト,保田 嵩史

links

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

歴史小説アンソロジー第3弾!原稿募集します!

日本史をテーマとした歴史小説アンソロジー『日本史C』、

世界史をテーマとした歴史小説アンソロジー『世界史C』に続きまして、

歴史小説アンソロジー第3弾を製作することとなりました!

 

つきましては、皆様の原稿を募集したいと思います。

 

今回は特に以下の原稿をお待ちしています。

・文学フリマ、Text-Revolutions、コミティア、コミケ等、創作イベント未経験者の作品

・19世紀ロシア、イギリス、中東、東欧、アフリカ、南米、オセアニアが舞台の作品

・日本の明治時代(1868〜1900)が舞台の作品

 

また以下の応募要項をご確認の上、ご応募くださいますようお願い申し上げます。

 

 

1.企画趣旨
激動の19世紀を舞台にした歴史小説のアンソロジーを製作します。西洋史・東洋史・日本史すべてを同じ時代から俯瞰することのできる1冊にする予定です。

 

2.企画概要 
 ・頒布イベント:第24回文学フリマ
 ・対象:全年齢
 ・製作部数:100
 ・サイズ:B6
 ・頁数:未定
 ・定価:未定
 ・執筆者数:10名様程度を公募
 

3.字数規定 上限12000字(原稿用紙30枚)
 

4.応募形式 一太郎推奨 word形式あるいはtext形式
      縦書
  用紙横置き
  ルビについてはこちらで振りますので、単語の後ろに()で示して下さい。
  例:「メロスは激怒(げきど)した。」
  人名・地名などの固有名詞にはできるだけルビをつけて下さい。
  難読漢字の場合は編集者の独断によってルビを振ることがあります。

 

5.応募宛先 fuhito_fumikura@yahoo.co.jpを@にしてください)
  「史文庫〜ふひとふみくら〜 唐橋史」宛
  メールに添付ファイル形式でお送り下さい。
  件名は「歴史アンソロジー原稿応募」でお願いします。

 

6.締切 平成29228
  こちらは原稿の最終締切です。
  校正に時間がかかりますのでお早めにお願い致します。
  4月初旬までに校正原稿を一度お戻しする予定です。
 

7.参加方法 以下のフォームの通り記載の上、メール(上記宛先)にて参加表明をしてください。
  氏名(ペンネーム)
  サークル名(なければ空欄)
  どの国を舞台にするか(第3候補まで)
  自己紹介(200字程度。作品末に掲載します。サークルの宣伝・後書きなどにお使い下さい)
  連絡先(メールアドレス・サイトURLTwitterアカウントなど、自己紹介欄に掲載したいもの)
 

8.参加表明締切 平成281231
 

9.ご遠慮下さい
 ・性的に過激な表現
   このアンソロジーは全年齢向けです。R18な表現はご遠慮下さい。
 ・特定の人物やその子孫を不当に誹謗中傷する表現
   悪役設定は構いませんが、不当に貶める表現はご遠慮下さい。
   例:「○○氏はクソなので、その子孫もみんなクソ」
 ・特定の政治・宗教に対して参加・入信を促すような表現
   ご自身の思想信条を小説に託して頂く分には構いません。
   但し、直接的な宣伝とみなされる場合、主催の権限で掲載不可とします。
   例:「このように戦後は○○党が活躍したので、次の選挙で投票してください」
 ・現代が舞台
   当企画の趣旨に反しますのでまた別の機会にお願いします。
 

10.ご相談ください

 ・差別的な表現
   当時の社会を反映して必要な場合は、注記をトビラに入れますので必ずご相談ください
 ・時代考証
   史実にどの程度忠実にするかは作者様にお任せしますが、何か不安や疑問があればご相談ください。
 ・イラスト
   編集スキルの問題でJPEG貼り付けしかできませんので、それでも構わないという寛大な方のみ可。

11.ご理解ください
   参加表明は早い者勝ちです。
   応募者多数の場合、別のアンソロ作品へのご参加をお願いすることがあります。

12.著作権について
 ・著作権はすべて作品の作者さまにあります。
   ネット公開・同人誌再録などご自身の作品は自由に発表下さって結構です。
   ただし、当アンソロジー初頒布(平成295月)以降にお願いします。
   試し読みに関してはこの限りではありません。

13.謝礼
 ・献本 一冊(ごめんなさい)
 

 

 

| - | 11:41 | comments(0) | 唐橋 史 |

第23回文学フリマ東京、お疲れ様でした!

第23回文学フリマは無事に終了いたしました!

史文庫〜ふひとふみくら〜のスペースに遊びに来て下さった皆様、

どうもありがとうございました!!

 

当日は風邪気味でちょっと朦朧としていたというか、

あんまりしゃっきりしていなかったので、

いろいろ手際が悪いところもあり、各所にご迷惑をおかけしてしまいました。

 

やっぱりイベントは体調がしっかりしていないといかんね。

 

復帰後初のイベント参加だったのですが、

やはり文フリ特有のライブ感はいいですね。

カレーも食べて「ああ、帰ってきたな〜」という気分になりました。

 

次回こそは新刊を用意して臨みたいですね。

 

さて、次のイベント参加予定は、

2月12日に開催される「静岡文学マルシェ」です。

 

新刊を用意して静岡に参上したいと思います!

東海地方の皆様、どうぞよしなに!

 

| - | 18:27 | comments(0) | 唐橋 史 |

第23回文学フリマ東京に参加します!

いよいよ「史文庫〜ふひとふみくら〜」活動再開です!

 

第23回文学フリマ東京に参加することが決定しましたよー!

以下、詳細です!

 

第23回文学フリマ東京
日時 11月23日(水祝)11:00〜17:00
場所 東京流通センター 第二展示場
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
スペース イ-01配置図

 

ちょ…すごい良い場所に配置されてしまいました。

会場2階、エスカレーターあがってすぐのお誕生日席です……オロオロ…

 

残念ながら今回、新刊はありませんが、

既刊は全部まるっと持っていきますので、

この機会にぜひお求めいただければと思います。

 

既刊はwebカタログからどうぞご確認くださいませ!→史文庫〜ふひとふみくら〜webカタログ

 

なお作品のお試し読みは、HappyReading, pixiv, ブクログのパブ―エブリスタにて公開中です。

(リンクからそれぞれ史文庫〜ふひとふみくら〜の頁へ移動できます)

 

それでは、元気で東京流通センターにてお会いしましょう!

| イベント活動情報 | 16:54 | comments(0) | 唐橋 史 |

第4回Text-Revolutionsは欠席いたします。

すっかり秋めいてまいりましたが、皆様いかがおすごしでしょうか。

 

さて、史文庫〜ふひとふみくら〜もぼちぼち活動再開……と思っていたのですが、

誠に勝手ながら、

 

10/8の第4回Text-Revolutionsは欠席させていただきます。

 

ごめんなさい、はい。

 

やはりまだ少々、体調に不安があるので、今回も見送ることにしました。

 

実生活のほうはというと、仕事にも復帰していますし、

旅行にも行っているくらいなので、元気といえば元気なのですが、

やはりまだまだ体調に波がある中で、

 

イベントという大仕事を成し遂げるのはまだ無理

 

ではないか、という判断をいたしました。

 

正直、イベント行きたいんですけどねえ……うん……

 

でもここで無理をしてのちのちに響くほうがもっといや…

 

というわけで、復帰目標は、第23回文学フリマ東京(11/23)です!!

 

それまでに元気になる…かつ……新刊用意しちゃうぞ!!

 

それでは皆さん、晩秋の東京でお目に掛かりましょう!!

| イベント活動情報 | 20:30 | comments(0) | 唐橋 史 |

お姫さまアンソロジー『姫君の匣』に参加しました

お久しぶりの更新です。

しばらくお休みしていた史文庫〜ふひとふみくら〜ですが、

いよいよ再始動でございますよー!

 

まずは復帰第一弾として、

サークルWilhelmina様のアンソロジー『姫君の匣』に寄稿させていただきました!!

 

『姫君の匣』は「お姫さま」をテーマにしたアンソロジー。

サークル〈痛覚+Wilhelmina〉の皆さんとゲスト唐橋史による作品を4篇収録しています。

 

頒布予定は、

 

コミティア117

日時:8月21日(日)11:00〜16:00

場所:東京ビッグサイト

 

サークル:痛覚+Wilhelmina

スペース M18a

 

だっ!

 

お試し読みはこちらにて公開されています→pixivのサンプル頁へ! 

 

サークルWilhelmina様といえば……

ビートルズをテーマにしたアンソロジー『I Say Hello』や

天使をテーマにしたアンソロジー『el』などの作品で人気の……

 

……憧れのサークルさま………

 

内容はもちろん装丁もどれも素敵で…

いつか参加させていただけたらなあ…なんて思ってたりして……

 

そんな夢をみていたら、

なななななんと

寄稿のお声かけをいただいちゃったのであります!!

 

唐橋は平安朝を舞台にした「まこと申さぬ少納言」という作品で参加させていただきました。

 

あらすじはこんな感じ…

 

物狂いの尼君は下人槌丸ただひとりを連れて、北山の邸宅を出奔した。

落ちぶれた暮らしをする中納言家の姫君に出会った尼君は、

彼女をかつて仕えた「式部卿宮の姫君」と信じ込み、

やがて荒唐無稽な物語を語り始める――

 

イメージとしては、平安朝のドン・キホーテ!

 

です。

 

きっと、貴方が想像もしないような、

多様で多彩な「お姫さま」の物語があるはず――。

 

ぜひ〈痛覚+Wilhelmina〉様のスペースで、

『姫君の匣』をお手にとってくださいませね!

| イベント活動情報 | 23:25 | comments(0) | 唐橋 史 |