calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments
  • 第1回文学フリマ金沢、無事に終了いたしました!
    春秋梅菊 (04/28)
  • 歴史小説アンソロジー第2弾の原稿を募集します(参加表明は12月初旬まで)
    唐橋史 (11/25)

recommend

~すごくあたらしい歴史教科書~日本史C
~すごくあたらしい歴史教科書~日本史C (JUGEMレビュー »)
唐橋 史,紅 侘助,白藤 宵霞,ななつ ほしなみ,たまき こう,斎藤 流軌,翁納 葵,緑川 出口,すと 世界,向日葵塚 ひなた,上住 断靱,狩生 みくず,巫 夏希,庭鳥,鋼雅 暁,なぎさ,アルト,保田 嵩史

links

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

静岡文学マルシェ欠席します

2/12に参加を予定していた静岡文学マルシェですが、

誠に勝手ながら史文庫〜ふひとふみくら〜は欠席させていただきます。

 

理由は

 

インフルエンザ

 

です。

 

 

新刊も用意したし、ポスカも準備したし、

静岡でおいしいおでんを食べることを本当〜〜〜〜に

楽しみにしていたんですけど、もうこれはどうしょうもないです。

ごめんなさい…。

 

日曜に微熱がありまして、「あれ?風邪かな?」とは思ったものの、

翌日にはすっかり熱が下がったので「ラクショー☆」といろいろ準備していたわけです。

 

ところがみるみるうちに熱が上がっていき、

 

火曜日の朝には最長不倒39.8℃に到達。

 

もう、ね、大人になってからこの高熱はね、

死が脳裏をよぎりますよ。

 

秋には最旬トレンドのマイコプラズマにも罹患しましたし、

この一年はもう流行に思いっきりライドしてしまって大変です…。

 

皆様も体調には気をつけてお過ごしください。

そして、静岡文学マルシェ参加の皆様も、

くれぐれもインフルエンザには気をつけて、

楽しいイベントにしてくださいね!

 

なお、今回準備した新刊は、

春の文学フリマで頒布する予定です。

GWに元気でお目に掛かりましょう!

 

 

| イベント活動情報 | 14:00 | comments(0) | 唐橋 史 |

新刊『そらごと申す大納言』頒布します!

いよいよ2/12開催の第1回静岡文学マルシェが迫って参りました!

 

ギリギリ新刊すべりこみ入稿で間に合いましたので、告知しますね…!!

 

 

新刊『そらごと申す大納言』

 

口を開けば嘘ばかり――ついたあだ名は「そらごと申す大納言」!
時は平安時代。
嵯峨を訪れた幼い姫君を待ち受けていたのは、

「そらごと申す大納言」と称される祖父が語る奇想天外な冒険譚だった。

空想は唐、天竺、波斯を駆け巡る!? 
『ほら吹き男爵の冒険』をモチーフにした平安ファンタジー。

源平合戦の混乱期、

乱世に翻弄された二人の稚児の運命を描いた「雲を追う少年」同時収録。

 

(文庫版/102p/¥400)

 

お試し読みは以下のサイトで公開中です。

pixiv

ブクログのパブ―

HappyReading

 

スペース:あ-04 でお待ちしております!

ぜひ遊びに来てね!!

 

 

 

 

| イベント活動情報 | 22:42 | comments(0) | 唐橋 史 |

静岡文学マルシェに参加します!

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は活動休止等を経まして、皆様には大変ご心配をおかけいたしました。

本年はまた新たな作品を生み出すべく、頑張っていく所存です。

本年も史文庫〜ふひとふみくら〜をどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、というわけで、2017年最初のイベント参加情報です。

 

2月12日(日)に開催される静岡文学マルシェに参加いたします!

 

静岡文学マルシェさんは、静岡発の創作文芸イベントです。

今回初めて、史文庫〜ふひとふみくら〜が静岡県に参上いたします。

東海地方の皆様、ぜひ足をお運びくださいませ!

 

配置は歴史・古典ジャンルのあ‐04です。

webカタログがオープンしておりますので、コチラをご確認ください。

 

今回は、各サークルさんが掌編を掲載したポストカードを無料配布する企画、

ポストカードギャザリングにも参加しております。

『竹取物語』をオマージュしたポストカードを作りましたので、

ぜひもらいにきてくださいね。

 

さらにさらに、新刊も用意する予定です!

新刊についてはまた後日、詳細をお知らせいたしますね!

 

【日時】2017年2月12日(日)11:00〜17:00

【会場】コミュニティホール七間町MIRAIEリアン(1F) 多目的ホール・ギャラリー

【配置】あ‐04

| イベント活動情報 | 22:15 | comments(0) | 唐橋 史 |

歴史小説アンソロジー第3弾!原稿募集します!

日本史をテーマとした歴史小説アンソロジー『日本史C』、

世界史をテーマとした歴史小説アンソロジー『世界史C』に続きまして、

歴史小説アンソロジー第3弾を製作することとなりました!

 

つきましては、皆様の原稿を募集したいと思います。

 

今回は特に以下の原稿をお待ちしています。

・文学フリマ、Text-Revolutions、コミティア、コミケ等、創作イベント未経験者の作品

・19世紀ロシア、イギリス、中東、東欧、アフリカ、南米、オセアニアが舞台の作品

・日本の明治時代(1868〜1900)が舞台の作品

 

また以下の応募要項をご確認の上、ご応募くださいますようお願い申し上げます。

 

 

1.企画趣旨
激動の19世紀を舞台にした歴史小説のアンソロジーを製作します。西洋史・東洋史・日本史すべてを同じ時代から俯瞰することのできる1冊にする予定です。

 

2.企画概要 
 ・頒布イベント:第24回文学フリマ
 ・対象:全年齢
 ・製作部数:100
 ・サイズ:B6
 ・頁数:未定
 ・定価:未定
 ・執筆者数:10名様程度を公募
 

3.字数規定 上限12000字(原稿用紙30枚)
 

4.応募形式 一太郎推奨 word形式あるいはtext形式
      縦書
  用紙横置き
  ルビについてはこちらで振りますので、単語の後ろに()で示して下さい。
  例:「メロスは激怒(げきど)した。」
  人名・地名などの固有名詞にはできるだけルビをつけて下さい。
  難読漢字の場合は編集者の独断によってルビを振ることがあります。

 

5.応募宛先 fuhito_fumikura@yahoo.co.jpを@にしてください)
  「史文庫〜ふひとふみくら〜 唐橋史」宛
  メールに添付ファイル形式でお送り下さい。
  件名は「歴史アンソロジー原稿応募」でお願いします。

 

6.締切 平成29228
  こちらは原稿の最終締切です。
  校正に時間がかかりますのでお早めにお願い致します。
  4月初旬までに校正原稿を一度お戻しする予定です。
 

7.参加方法 以下のフォームの通り記載の上、メール(上記宛先)にて参加表明をしてください。
  氏名(ペンネーム)
  サークル名(なければ空欄)
  どの国を舞台にするか(第3候補まで)
  自己紹介(200字程度。作品末に掲載します。サークルの宣伝・後書きなどにお使い下さい)
  連絡先(メールアドレス・サイトURLTwitterアカウントなど、自己紹介欄に掲載したいもの)
 

8.参加表明締切 平成281231 → 平成28年12月15日 (※変更になりました)
 

9.ご遠慮下さい
 ・性的に過激な表現
   このアンソロジーは全年齢向けです。R18な表現はご遠慮下さい。
 ・特定の人物やその子孫を不当に誹謗中傷する表現
   悪役設定は構いませんが、不当に貶める表現はご遠慮下さい。
   例:「○○氏はクソなので、その子孫もみんなクソ」
 ・特定の政治・宗教に対して参加・入信を促すような表現
   ご自身の思想信条を小説に託して頂く分には構いません。
   但し、直接的な宣伝とみなされる場合、主催の権限で掲載不可とします。
   例:「このように戦後は○○党が活躍したので、次の選挙で投票してください」
 ・現代が舞台
   当企画の趣旨に反しますのでまた別の機会にお願いします。
 

10.ご相談ください

 ・差別的な表現
   当時の社会を反映して必要な場合は、注記をトビラに入れますので必ずご相談ください
 ・時代考証
   史実にどの程度忠実にするかは作者様にお任せしますが、何か不安や疑問があればご相談ください。
 ・イラスト
   編集スキルの問題でJPEG貼り付けしかできませんので、それでも構わないという寛大な方のみ可。

11.ご理解ください
   参加表明は早い者勝ちです。
   応募者多数の場合、別のアンソロ作品へのご参加をお願いすることがあります。

12.著作権について
 ・著作権はすべて作品の作者さまにあります。
   ネット公開・同人誌再録などご自身の作品は自由に発表下さって結構です。
   ただし、当アンソロジー初頒布(平成295月)以降にお願いします。
   試し読みに関してはこの限りではありません。

13.謝礼
 ・献本 一冊(ごめんなさい)
 

 

 

| - | 11:41 | comments(0) | 唐橋 史 |

第23回文学フリマ東京、お疲れ様でした!

第23回文学フリマは無事に終了いたしました!

史文庫〜ふひとふみくら〜のスペースに遊びに来て下さった皆様、

どうもありがとうございました!!

 

当日は風邪気味でちょっと朦朧としていたというか、

あんまりしゃっきりしていなかったので、

いろいろ手際が悪いところもあり、各所にご迷惑をおかけしてしまいました。

 

やっぱりイベントは体調がしっかりしていないといかんね。

 

復帰後初のイベント参加だったのですが、

やはり文フリ特有のライブ感はいいですね。

カレーも食べて「ああ、帰ってきたな〜」という気分になりました。

 

次回こそは新刊を用意して臨みたいですね。

 

さて、次のイベント参加予定は、

2月12日に開催される「静岡文学マルシェ」です。

 

新刊を用意して静岡に参上したいと思います!

東海地方の皆様、どうぞよしなに!

 

| - | 18:27 | comments(0) | 唐橋 史 |